時は金なり 〜洗濯編〜

 「手抜き」といえば聞こえは悪いですが、働くお母さんにとって時間はお金よりも大事です。
 「手抜き」ではなく、「無駄を省いている。」と考えましょう。
 世の中には働くお母さんを助けるいろんなサービスが充実しています。
 色々なサービスやウラ技を賢く利用して時間を作りましょう
 モモコが「これは!」と思った物を中心に紹介しています。
 あなたのお薦めも教えてくださいね。

子供が居るとどうしても毎日の洗濯物は多くなりますね。洗濯の手間を減らしましょう。

汚れ物を出さない 使い捨て
使い捨ての衣類やエプロンは、普段の生活には使いませんが、外出時や旅行時には重宝します。
高い物ではないので一通りそろえておくと便利です。

●エプロン
スーパの袋を子供の食事エプロンにしましょう。
袋のもち手を首まわりで結びます。汚してもそのまま捨てられるので洗濯の手間がいりません。
洗濯 日中家にいないから洗濯は朝や夜。集合住宅に住んでいる方は周囲への騒音も気になりますよね。
夜モードのある静かな洗濯機を使いたいです。

●タイマー
最近の洗濯機にはほとんどタイマーは付いていると思います。
タイマーを利用して帰宅時や、起床時に洗濯が終わるようにしておけば、後は干すだけです。

●靴下はセットで洗う
靴下などは対の物を一緒に干しますよね。小さいので対の物を捜すの大変じゃありません?
そこでおすすめなのが洗濯ネット。洗濯機に入れるときに一組の靴下を洗濯ネットに入れておくんです。洗濯が終わったらネットから取り出した一組の靴下を干すだけ。家族みんなに靴下は洗濯ネットに入れてから洗濯機に入れるようお願いしましょう。脱いだときが一番効率的です。

●洗濯物が絡んでしまう
長袖の服や、ひもや留め金の付いた服をたくさん洗うと洗濯物同士が絡まってしまってほぐすのに一苦労。そんな経験ありませんか?こういう服は洗濯ネットに入れて洗いましょう。絡まってしまった洗濯物は思った以上に生地に負担をかけています。洗濯前に入れるのは面倒なので、家族みんなに脱いだとき洗濯ネットに入れてもらうようお願いしましょう。

●カーテンの洗濯
カーテンを洗濯するのって金具をはずすのが面倒ですよね。金具部分をくるんで金具を付けたまま洗濯しましょう!
まず金具をつけたままのカーテン上部をひもで縛ります。他の洗濯物にからまないよう、古いストッキングや、洗濯ネッなどで包みます。そうしたらそのまま洗濯機で洗います。洗い終わったらそのままカーテンレールへ吊って乾かします。金具付近の汚れがひどい時は、先にその部分だけちょっと手洗いすればOKです。


●電気バケツ
子供の服だけ洗う時、手洗いじゃ面倒だし、かといって洗濯機で洗うには少なすぎる・・・。そんな時活躍してくれるのが「電気バケツ」。
フタ付きバケツにモーターがついたようなもので、重さも3〜4Kgくらいと小ぶりの洗濯機です。
赤ちゃんのものだけ洗う専用のものとして使っても良いし、汚れがひどいもの(うんちがついたものとか)専用としても使えます。うんちのついた汚れ物って、通常使う洗濯機で洗うの抵抗ありますよね。そんな人にもおすすめです。
洗濯機に入れたくないおむつやぞうきん、下着類などデリケートな衣類の分け洗いに電気バケツ
乾燥 ●乾燥機
洗濯が終わったらそのまま乾燥させてしまえば干す手間が省けます。
ばい菌も熱で死んでしまうので衛生的(?)
洗濯乾燥機ならボタン一つで洗濯〜乾燥までやってくれます。後はたたんでしまうだけ。
我が家ではこれを使っています。
衣類によっては乾燥機不可の物もありますが、(赤ちゃんの服は乾燥機不可の物が多いです)乾燥機にかけても縮んだりはしません。よっぽどデリケートな素材でない限り大丈夫だと思います。
普通に干すよりふかふかに仕上がるのでおすすめです。特にタオルの肌触りはバツグンで普通に干して乾燥させた物がごわごわに感じて使えなくなりそうです。
ただし一度に乾燥させる洗濯物の量が多いとシワシワになってしまうのでご注意を。
必要に応じてコインランドリーの乾燥機を利用してもいいかもしれません。
特にシーツなどの大きい物は部屋干しは難しいですものね。


●除湿器
湿気を減らすだけで洗濯物の乾くスピードは格段に速くなります。
エアコンは赤ちゃんにはあまり良くないので、夏の暑さ対策にもおすすめです。
アイロンがけ
●クリーニング
洗い〜乾燥〜取り込み〜アイロン〜たたむまでをすべてやってくれます。コストの面で問題がなければクリーニングの利用が一番楽賃チンです。洗濯物を取りに来て、仕上がった洗濯物を届けてくれるクリーニング店もあります。

●見えるところだけアイロン
シャツの上に上着を着るなら、袖、襟など見えるところだけにアイロンをかけます。
冬は特に上着を着ていることが多いので見えるところだけで十分です。
モモコの職場ではブラウスの上にベストを着るので身ごろにはアイロンかけません。
お父さんのワイシャツも身ごろの裾にはアイロンかけていません。
どうせズボンにしまうのだから、きれいに見せる必要はありませんよね。


●しわを作らない
アイロンがけの必要な衣類は脱水を短めにして、干すときにしわをきれいに伸ばしてから干すと、しわのない状態で乾きます。

●アイロンは乾く前に
生乾きの状態でアイロンをかけると、すんなりしわが取れ、アイロンの熱で乾いてしまいます。


●ズボンプレッサー
ズボンのアイロンがけを簡単にするのがこれ。
朝起きてセットしておけば、顔を洗ったり歯を磨いている間にズボンのしわがとれてしまいます。
ズボンだけでなく、プリーツスカートやハンカチなどにも使えます。
寝押しは布団がずれるとしわになってしまいますが、ズボンプレッサーはそんな心配はいりません。
モモコの家でもズボンプレッサーは活躍中です。
アイロンがけは絶対自分ではしないけど、ズボンプレッサーへのセットはお父さんが自分でやってくれるんですよ。
取り込み&たたむ 取り込み&たたむの手間を省く方法はなかなか思いつきません。
洗濯乾燥機にたたむ機能も付いていればいいのに。。。と思います。
電機メーカーの方考えてもらえないですかね。


●しまう場所毎に干す
洗濯物を干すときに、しまう場所毎に並べておくと、取り込んでしまうときに仕分けが楽になります。

●取り込まない
タオルなどひんぱんに使う物は干してある場所から使うようにすると取り込んでたたんでしまう手間が省けます。服なども「今日はコレ!」のようなこだわりがなければ、タンスより先に物干しを確認して乾いていればそちらを着るように家族にお願いしましょう。


あなたの手抜き術も教えてください。投稿はこちらから。



【モモコのおすすめBOOK】
〈徹底〉手抜き家事のアイデ...Sunmark livre

炊事編へ 洗濯編へ 掃除編へ 買い物編へ その他編へ
TOPページへ

激安!家電のタンタンショップは一流メーカー品、新製品
をインターネットショップ ナンバーワンの安さに挑戦!
をモットーに毎日徹底した価格調査をおこなってます。
楽しく、安心して、お買い物ができるように
可愛いタンタン君が皆様をお待ちしています!
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー